浄化槽維持管理

  • HOME »
  • 浄化槽維持管理

 

浄化槽保守点検のながれ
1 巡回車両をお客様の邪魔にならず且つ浄化槽に近いところに駐車させていただきます。
2 お客様にご挨拶をして近況、異常な臭気の有無、排水の流れ具合などをお尋ねします。
3 浄化槽周辺を目視により確認します。
4 点検機材を車から降ろして保守点検の準備をします。
5 浄化槽のマンホールを開け、各開口部を目視により確認します。
点検機材は使いやすいよう整頓して並べます。 子供や動物が落ちないよう周りに注意して蓋を開けます。  

 

6 水質分析(各室ごと採水し、消毒室・沈殿室・ばっ気室・第2室・第1室それぞれビーカーに入れます)
消毒室 沈殿室
ばっ気室 第2室
第1室 ビーカーに移します
7 採水した検体それぞれ水温、pH(第1,2室、ばっ気室、沈殿室)、処理水の透視度、ばっ気室のDO(溶存酸素濃度を測定します。
  pH測定 透視度測定
DO測定
8 第1室、第2室それぞれ堆積汚泥及びスカム厚を測定します。沈殿室の堆積汚泥を測定し、スカムが発生している場合は柄杓等で第1室に移動する。
堆積汚泥とスカム測定
9 薬筒を消毒室から外し、固形消毒薬剤を補充し、元の位置へ戻す。
薬品補充
10 ブロワーの保守点検を行います。吐出している送風圧を確認し、電源を止め吸気側のフィルターを清掃します。元の状態に戻してばっ気室の撹拌状況を確認します。
ブロワー
11 流入管渠及び放流先の点検を行います。流入が泡汚水桝の蓋を開けて滞水の有無を確認します。次に放流先(浸透桝等も含む)の状況を目視確認します。
流入汚水桝確認 浸透桝確認
12 終了後、各開口部のマンホール蓋を閉め、点検機材を整理し、車に積み込む。
保守点検作業報告書  
13 保守点検作業報告書に必要事項を記入し、お客様に説明したうえで確認のサインを頂き、写しをお渡しします。
14 再度浄化槽周辺を確認した跡、車に乗車し移動します。

 

〒089-1512 北海道河西郡更別村字更別南2線92番地10 TEL 0155-52-3183 平日 8:30-17:30

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

お知らせ

【賃貸物件】空室情報

現在、空室はありません。

サイトリニューアル

サイトをリニューアルしました。

最近の投稿

月別アーカイブ

2019年11月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGETOP
Copyright © sarabetsu-kigyo All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.